火打ち道具は、平安時代には庶民の手には届かない貴重な御神宝でしたが、江戸時代になると一般庶民にも普及し、竈(かまど)や灯明、たばこの火などを点けるのに盛んに使われるようになりました。火打ち石には火起こし道具としての他、古くから厄除け、縁起担ぎとしての使い道もあります。縁起の悪いことや危険な目に遭わないようにと、今でも伝統を重んじる職業の人、芸能人や落語家、花柳界の方や、鳶(とび)職、大工など危険な業務に従事する方たちにも愛用されています。火打ち石としている水晶は、水晶は純粋と浄化を象徴する万能のパワーストーンです。昔から、世界中の人たちに、装飾品や通貨として親しまれてきました。調和、統合、強化の力があるといわれ、非常に優れた浄化作用をもたらすパワーストーンとしても有名です。生命力を活性化し、細胞の再生力と同時に免疫力を高め、体内の毒素を排出してくれるとされています。 【セット内容】火打ち石(水晶)×1個 / らくらく火打鎌(小)×1枚

【宮忠】火打石セット 水晶

¥3,000価格
    b_tokowaka

    samenotare

    mts-yu

    oishiya1

    shinju

    daiki

    kingdom

    matsujiro

    skyline

    wakamatsuya2

    wakamatsuya1

    kongo

    kototabi

    maruyoshi

    DSC_0215.JPG
    • Instagram
    • Facebookの社会的なアイコン
    • さえずり